Google Workspaceのアプリ内でDONGRIを使用する

#活用編

Google Workspaceのアプリ内でDONGRIを使用する

DONGRIアドイン Google Workspace版は、Google Workspaceのアプリ内で利用できるシンプルな辞書アプリです。Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、Googleスライドで利用できます。インストールすると、アプリ内で必要な時にすぐに辞書を引くことができます。
なお、DONGRIアドイン Google Workspace版を利用するには、DONGRIが利用できるEAST EDUCATIONアカウントと辞書のライセンスが必要です。

導入方法

①アドオンをインストールするアプリを開きます。
②「アドオン」から「アドオンを取得」を選択します。

③画面上部の検索窓に「DONGRI」と入力し、アドオンを検索します。DONGRIのアドオンが表示されたら、DONGRIのページを開き、「インストール」を選択します。



④ポップアップが表示されるので、「続行」を選択します。



⑤アドオンを使用するGoogleアカウントを選択します。



⑥以下の画面が表示されたら、インストール完了です。

インストール後、メニュー「アドオン」に「DONGRI」が追加されます。「アドオン」→「DONGRIDONGRIで調べる」をクリックし、普段DONGRIで利用しているEAST EDUCATIONアカウントでログインすると、DONGRIアドオンが利用できます。



なお、通常はアドオンの利用を禁止している環境においても、Google Workspaceの管理者がGoogle管理コンソールの許可リストに登録することにより、特定のアドオンを利用可能にすることができます。

機能について

DONGRIアドイン Google Workspace版では、DONGRIの検索機能を利用できます。



※ 「索引」「閲覧履歴」「しおり」「メモ」「さらに検索」「例文読み上げ」はDONGRIアドイン Google Workspace版では使用できません。また履歴そのものも残りません。これらの機能が必要な時はアドオンではなく、WebDONGRIをご利用ください。検索結果一覧や語句説明画面にある「」を選択すると、WebDONGRIが起動します。また、WebDONGRIを利用する際は、既にアドオンにログインしていても、別途ログインが必要な場合があります。

利用環境

DONGRIアドイン Google Workspace版の利用環境は以下の通りです。



※オンラインでのみ利用できます。
iOSAndroidのブラウザ、アプリには対応していません。ブラウザはセキュリティを保つために常に最新版を利用することを推奨します。バージョンが古いブラウザでは利用できない場合があります。

keyboard_arrow_left記事一覧に戻る